業者に依頼するために知っておきたい名刺印刷についてのポイント

名刺作ります

名刺印刷を自分でやってみよう

名刺を自分で印刷してる人というのは実は少ないのではないでしょうか。同じ会社に勤めていてそれぞれが違うレイアウトの名刺を持っていてはおかしいので、会社勤めの方は自分で印刷することがあまりなく、会社に委託していることが多いと思います。ですので、名刺は自分で印刷するものという意識を持っている人が少ない人が多いと思います。ですが実は名刺は自分で印刷することができます。なので今回は名刺を自分で印刷する方法を紹介していきたいと思います。
まず名刺のレイアウトやデザインの決定についてですが、これは今は名刺作成用のソフトが存在します。自分の名前や部署の字の大きさやフォント、挿入するデザインの位置等の決定など、名刺に必要な工程をすべてソフトとパソコンがあれば行うことができるのでそれで行います。つぎに印刷ですが、これは普通のプリンターで行えるので問題ないのですが、印刷に使用できる紙は最小でも名刺の大きさまで小さいものは扱うことができないため、ある程度大きい紙に印刷してそれをカットして名刺の大きさにして完成します。名刺のレイアウト等がすぐに決定するようであれば個人でも問題なく印刷することができます。自分で印刷する機会がありましたらやってみてください。

自分で簡単に名刺作成して業者へ依頼しよう

社会で付き合いのある相手に自分を知って貰うための第一歩として必要なのが名刺です。そのため名刺は非常に重要なアイテムですし、名刺にはこだわりたいという方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、自分で名刺作成を行うという方法です。もちろんプロのデザイナーに名刺をデザインして貰えば素敵なデザインの名刺を作ってもらえると思います。
ですが、やはりわかりやすく自分を知って貰うためのアイテムである名刺を作るなら、自分で作った方がより自分らしさや個性を出せるのではないかと思います。また、予算が少ない場合なども、自分で名刺作成を行えば印刷代だけで済むので費用削減にも繋がります。ですが、名刺作成を自分で行うとなると何だか難しそうに感じてしまう方も多いのではないでしょうか。もちろん、プロのデザイナーの方が方が使うようなデザイン専用のツールを使用して名刺をデザインするのは、素人にはなかなか難しいと思います。
ではどうすればいいのか。実は簡単なデザインの名刺ならワードでも作ることができます。ワードなら多くの方にとって馴染み深いツールなので難しくありませんし、最近は印刷会社にワードのデータのまま入稿することも可能なので、おすすめの方法です。

名刺印刷は白黒からカラーまで可能

名刺といえば、厚みのある長方形の紙の片面に社名や氏名、住所や連絡先等が書かれたものをイメージする人は多いでしょう。こうした昔ながらのシンプルな名刺というのは、真面目に仕事をするという印象を与える事ができます。ただ、シンプルな名刺は、他の名刺と紛れてしまう可能性もあります。名刺を渡す事で仕事に繋げたいと考えるのであれば、シンプルな名刺だけでなく、印象に残りやすい名刺作成を考えてみる事がおすすめです。
名刺印刷の基本は白い紙に黒い文字を印刷していくというものですが、現在はカラーの名刺も手軽に注文できるようになっています。更に、印刷をする面も表面だけとは限らず、両面に印刷をするという事も可能です。表面はシンプルな黒い文字のみの名刺でも、裏面が工夫された名刺であれば、印象に残りやすくなります。最も安く名刺を作りたいと考えた場合、昔ながらのシンプルな名刺が有効です。それに対して、カラー印刷というのは、費用が大幅にかかる事になります。
ただ、印象に残りにくい名刺を配るよりも、時間が経っても存在を思い出して貰える名刺の方が、今後の仕事に繋がる可能性が高くなります。ですから、多少費用がかかる事になっても、名刺にはこだわっておいて損はありません。

TOP